優しさ12mg

筆達者の口下手がお送りする若干のキモさを孕んだ日常の記録

当事者家族への「承認」のすすめ

f:id:akemi_0615:20170809220128p:plain

今日は精神障害の当事者と家族について話そうか。

まぁ自分の家の話と私ちゃんの薄味持論展開になると思うよぉ。

 

まず家の話。

我が家は父、母、兄、私ちゃんの四人家族。

兄は上京したから住んでるのは三人だね。

 

発症前と今とで比べようと思ったけれど、私は発症が早くて14の時には精神が崩れてたから発症前の記憶は曖昧なんだよね。

 

父も母も兄も健常者。

その中でぽんっと私だけが精神的に崩れていた。

発症したてのころはまぁ誰一人私に理解がない理解がない。

 

私の主な症状は妄想と幻聴。

クラス中の人に死ねと言われてるとかそういうのが酷かったんだけど。

まぁ誰も信じてくれなかったね。

「家の娘がいじめに遭う訳ない」

「お前の考えすぎだ」

そんなことしか言われなかったかな。

で、発症してから病院に行くまで三年かかった。

 

病院行ってからもぶつかることばっかりだった。

母はもともと楽天的で前向きな人だから、それを私に押し付けるようなところがあって(今もあるけど)それでぶつかったり。

父が私に配慮の無い発言をして傷つけられたり。

 

 

母と父がどうやって私の病気を理解したかっていうと、「諦めた」んだよね。

私が22で、一人暮らしが上手くいかなくて帰ってきたとき、父と母は諦めたんだわ。

「私の健常者としての普通の生活」を諦めた。

そんで母曰く、この時やっと認めたらしい。

「娘は障害者」っていう事実を。

 

それからあけみ家は穏やかな時間が流れているよ。

その後も時々私の調子の乱高下があってぶつかったりもしたけど、今は昔に比べればずっと落ち着いて生活できている。

我が家の今の問題点としては、母と私が調子がいいときは仲が良いけど、どっちかが崩れると引っ張られあう性質で喧嘩が勃発するところかなぁ。

本当は調子が悪いときこそ支え合える関係がベストなんだけどね。

私もまだまだ子供ナリ。

 

兄はまぁ一緒に住んでないからいまだに理解無いけど、たまにしか会わないからいいんじゃない?

兄がいると些細なことでぼろくそ傷つけられるから注意が必要だ!

嫌いじゃないけどね。

 

 

で、私ちゃんから当事者家族に言えることは、個人のペースでいいから、当事者を少しずつ認めて欲しいってことかなー。

すごい微妙なことを言うと、精神障害者っていうのは大人なんだよ。

でも、精神にそれぞれ難があってできないこともあるんだよ。

それをまるっと理解して認めてやって欲しい。

 

大人として認めつつも、障害者として認める。

難しいことを言っていることはわかるけどもね。

大人として認めてもらえないと、本人の自立心に繋がらないからね。

 

あぁ~私ももう一度自立して親のありがたみを感じたいんじゃ~。

 

 

立派なれでぃーに~。

なーりてぇー。

 

と、いうわけで精神障害者を承認すると超喜ぶっていう話でした。

(闇などどこにもない)

 

読んでくださりありがとうございました。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

 

広告を非表示にする