優しさ12mg

筆達者の口下手がお送りする若干のキモさを孕んだ日常の記録

泥沼の残り香

f:id:akemi_0615:20170531210752p:plain

 

上げる画像が特になかったので過去の絵をうぴー。

 

 

ブログにだけは本当のことを書くけどな。

これは誰にも言っていないことだ。

 

 

Xさんと泥沼で別れてしまったことを後悔し始めた。

 

 

あの時キレて私が喚かなかったらもう少しマシな話し合いができたかもしれない。

でも私がXさんの提案に乗ってしまうのはあまりにも私にとって酷なことだった。

そう。Xさんがやったことはあまりにも残酷だったんだ。

 

でも私も手土産を「いらない」と突っぱねたり、キレて怒鳴ったり、「友達になろう」という提案を「しょうもないこと」と言ったり、酷い事をしてしまった、そこまでする必要はあったのだろうか。

 

 

私は本当の恋をしていた。

未来を信じてしまうほどXさんを信じていた。

 

 

でも裏切られた。

正直すっげぇ辛い。

男なんかもう信じたくない。

 

でも、そこで彼を傷つけてしまったら、私がやっていることは彼と大差なくなってしまうんじゃないか。

 

Xさんは私と友達に戻ることをベストの選択と思って来たんだろう。

その純粋な気持ちを踏みにじってしまった罪悪感が消えない。

もちろん、私にとっては最悪の提案だったけれど。

私の恋心を踏みにじった提案だったけれど。

ももう少し大人の対応をすべきだったのかな。

 

Xさんに謝ろうかな、と思ってしまう気持ちもふと浮かぶ。

でもそれは私の気持ちを私が軽く扱っている気がして嫌なんだ。

自分を痛めつけている気がして。

 

やっぱりしばらくは、自然と忘れるまで私なりの日常を取り戻すことに集中すべきなのかな。

そうだな……それしかないか。

 

 

夜になって寝る前、布団に入ると自然と思い出してしまってすごく心が痛い。

人を傷つけた痛み、傷つけられた痛み、罪悪感、怒り、虚しさ、なんかもうわけわかんなくてごちゃごちゃになる。

 

 

 

いや、私はもう少し自分を可愛がってもいいのかも知れない。

ここでXさんに謝るのは自己犠牲しすぎと言われても仕方ない。

相手に合わせようとしすぎだ。

もっと自分の気持ちを大事にしなきゃ。

 

 

 

あーちくしょー。

 

 

 

めんどくせー。

 

 

本当しばらく恋とか男とかいいわ。

この複雑な感情、辛すぎる。

 

読んでくださりありがとうございました。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ