読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優しさ12mg

筆達者の口下手がお送りする若干のキモさを孕んだ日常の記録

私の彼氏の結婚ビジョン

f:id:akemi_0615:20170515202330j:plain

 

トミカ♪ トミカ♪ プラレール

 

 

 

世界のあけみキッズお待たせ。

 

 

 

付き合い始めてからずっとマザコンだと思っていたXさん。

どっこい今日の話であながちそうでもない説が浮上した。

 

今日は車検の見積もりをしてもらってから時間があった。

Xさんを召喚して一緒に服屋に行って服をみて貰った。

自分ひとりでみるのと異性の目が入るので全然違う選び方になることを改めて感じた私ちゃん、試着する度コメントを貰ってファッションを学んだのであった。

評判が良かった服を購入して隣町のずっと行きたかったカフェへ。

 

Xさんは私に泣きながらマザコンを責められた日から少し改心したように見える。

私と出かけるとき、きちんと私の要望を聞いてくれるようになった。

そしてよく褒めてくれるようになった。

「あけみちゃんのここが好き」「ここが可愛い」等々砂糖吐き出して倒れそうな台詞をくれる。嬉しいけど心臓が忙しい。

 

カフェに行く道すがら、Xさんの姉や親族の話になった。

聞けば聞くほどX家の家庭事情は複雑で、感想を求められたとき、

「正直私が入っていくのは無理そうだなぁって思った」

と常日頃思っていたX家とは結婚できない旨をぼんやーり伝えてみた。

Xさんは「だろうなぁ」って感じだった。

 

すると話は流れて結婚観へ。

 

「俺は結婚したら婿に行くつもりなんだ。今の家を継ぐ気はない」

とか言うもんだから、正直私は吃驚した。

Xさんはてっきりお母様の元を離れずに家を継ぐものだと思ってた。

「俺は家を離れて隣県でも遠くでも、どこかで二人で暮らしたいと思ってるよ。親からも自立したいしね」

ほほう。私はずっと聞きたかった質問をぶつけてみた。

「仮にだよ、万が一私と結婚するなら今の宗教脱会してくれる?」

「勿論。産まれた時勝手に入れられたものだから興味もないしね」

なんか私ちゃんが兼ねてよりXさんと続けていくのに障壁だと思っていたものがガンガン壊されていくのだが。

 

 

ま、まぁ核心には触れなかったものの、お互いぼんやりとそれぞれの結婚後のビジョンを語ったよ。

Xさんも結婚後のビジョンとか考えてたんだ……数ヶ月前は「結婚とかについては考えてないなぁ」って言ってたのに。

なんかさ、プロポーズされたわけではないんだけどさ、こういう話しちゃうと妙にそわそわしちゃうよね。わかる? なんかそわぁんってなるの!

Xさんはお母様の元を離れないと思い込んでた。Xさんは私が思っているよりマザコンではないのかも知れない。

 

 

Xさんは日に日に男らしく成長している。

付き合って三ヶ月くらいの時点では弱い自分を正当化するために私を攻撃していた節があった。

花火大会の日にいい雰囲気になったのにキスできなかった臆病な自分にイラついて、私に魅力が無いせいだとか服がダサいせいだとか言われたのは忘れられないメモリー

でも今のXさんは違う。

自分から手も繋げるようになったし、抱きしめられるようになったし、至らなかったという点を感じたら必ず埋め合わせをしようとしてくれるようになった。

埋まらなくてもいいんだよ。埋めようという姿勢が見えるだけで私は愛されてる実感を得られる。

 

ほんっと。

 

 

 

私今までよく振らなかったなwwwwwwって感じするwwwwww

なんか冴えない彼氏を育成するためにとんでもない時間と金を要したねwwwww

あっウチらいっつもワリカンだからwwwwwwwww

 

 

 

 

 

 

今は最高の彼氏だから黒字だけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私もXさんに負けないように成長を続けなければならぬな。

 

読んでくださりありがとうございました。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ