優しさ12mg

筆達者の口下手がお送りする若干のキモさを孕んだ日常の記録

福祉業の人間は本当に人を幸せにするために動いているのか?

f:id:akemi_0615:20170329223010j:plain

 

オフトゥン……愛しのオフトゥンよ……。

 

待っててね、今行くからね。

 

 

 

母音のボインがぼいーんって思いついたんだけどめっちゃ面白くないですか。

そうでもないですか、そうですか……。

 

 

Xさん新たな一歩を踏み出す。

しかしそこに立ちはだかるのは作業所の職員だった……。

 

さて、現在お付き合いしてくれてるXさんとは私が以前通っていたB型就労継続支援施設で出会ったという話は旧知のあけみキッズならご存知かと思う。

そのXさんがついにバイトの面接を受ける決意をした。

そこでXさんは早速作業所の職員に話を出した。

「俺ここで働きてぇだ!」とな(私ちゃんの妄想8割)。

職員は後日話しましょうと言って今日ついに面談したらしい。

 

職員はXさんが働きたい職についてリサーチし、「この職はここがこう大変です」と懇切丁寧に説明してくれたそうな。

それを聞いたXさんは「俺アスペで働くの不安ナリィ」状態になってしまった(妄想ry)。

 

見える……私には見えるぞ……かつてこの職員に散々就活ストップ食らった私には見える! 情景まで見える!

この職員はかなりの心配性で就職関連の話題になると必ずといっていい程「大変ですよ」「大丈夫ですか?」と心配してくる。

これには「大変じゃない仕事が無いことくらい分かってるわ」とだいぶ私もイライラさせられたけどそれはまだいいんだ。

この職員、自分は連休の度に風邪を引く割に利用者の心の風邪は見過ごさなくて、ちょっとメンタル的にキツくなるとすぐに就活ストップ&外勤ストップかけてくるのだ。

「私は大丈夫です」って言っても聞く耳持たないんだよね。こわいわー。

この職員の一存で何度工賃減らされたかわからん。

まぁ普通に話す分にはいい人なんだけどね。ちょっと心配性が過ぎるよね。

 

つまり何が言いたいかというと、頑張ろうとしてる人の足を引っ張ることばっかり言うこの職員の対応ってどうなの? ってことだ。

足を引っ張ることは言うんだけど背中を押された経験はないね。

果たしてそれでこの施設の利用者は気分よく就職をして作業所を出て行けるだろうか?

少なくとも私はこの職員に対していい印象は持ってないね。

私が今の職場の面接に行けたのも作業所を紹介してくれた相談員が「面接受けちゃいましょうよ」と職員と私の背中を同時に押してくれたからだ。

あの時相談員がいなかったら「やめといた方が……」となっていたに違いない。

 

私はXさんに「バイトだしそんな気負わず面接だけ行こうよ」と言ってみたけど、多分そんなに効果ないなぁ。

これでXさんが面接やめて無職歴伸ばすってのはなぁ。

ちょっと切ないよね。ちょっとじゃないよね、切ないよね。

Xさんの今後も考えれば、身体は健康だし精神疾患も持ってないんだから早めに働いたほうがいいと思うんだよなぁ。

空白が伸びるのはこわいよ。

 

 

まぁ私ちゃんは明日は早くから労働に勤しむから寝るよ。

 

 

 

あけみキッズ。

 

いい夢みろよ!!!

 

 

読んでくださりありがとうございました。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ