優しさ12mg

筆達者の口下手がお送りする若干のキモさを孕んだ日常の記録

薬が増えた結果に複雑な情念を禁じえない乙女心

f:id:akemi_0615:20170325204723j:plain

 

ハチャメチャに眠い。

 

あ、写真は茶々殿じゃなく昔飼ってたぽぽさんな。

茶々殿もこのくらい心許してくれるときがきますように。

 

 

で、薬が増えたじゃろ?

ハチャメチャに朝起きるのが辛かった。

アレこのまま布団から起き上がれないまま一日終わるんじゃね?

って思っちゃうくらい眠気がいつまでもすっきりしなかった。

結局11時間は寝たんじゃないかな。

おくしゅりすごいね!

 

で、お仕事に行ったわけだ。

なんか不思議な感覚だったよ。

脳にぷるんとした膜がある感じがして、妙に神経図太くなった気がした。

お客に対してなんの感情も抱かず仕事ができた。

まぁこれはネガティブな感情も無ければ嬉しいとかありがたいとかポジティブな感情も感じなかったんだけど。

そのくらい神経が一気に太くなった感じがして、なんじゃこりゃと思った。

今まで相当神経すり減らせてたんだなって気付いちゃったよね。

これまでがむき出しの神経だったとしたら、今はお薬で守られてる神経って感じ。

おくしゅりすごいね!

 

で、何事もなく仕事を終えて職場を出たわけだけど、安堵感と同時に複雑な気持ちを抱えちゃうよね。

端的に申す。

 

私って薬無しじゃ人間らしい暮らしができないんだな。

 

まぁ薬で補えるからまだよかったって思うほうにシフトさせるけどさ。

アレもコレも悲観的になってたら生きていけないしね。

ひとつ丸く収まりそうならソレを丸く納めることだけ考えればいいさ。

今はそうして生きてたほうがいい。

今までのこと考えてみてよ。作業所通いながらの就職活動何社落とされたよ。

その苦労考えれば今の職場で安定して勤められそうな希望が見えてきたんだからもっと喜ぶべきだ。

この神経図太い感じが続きそうならなんとか接客も続けられると思うんだ。

 

 

医者に「あけみさんは神経が過敏になりやすい体質だから薬で抑えないといけないんだよ」と言われておったが、その意味が薬を増やしたことで見えた気がしたのであった。

 

おくしゅりすごいね!

 

 

読んでくださりありがとうございました。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ