読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優しさ12mg

筆達者の口下手がお送りする若干のキモさを孕んだ日常の記録

webの履歴書(一次選考スパーーーーーン)

人生
ネットの出身地についての記事を読んでなるほどなぁと相槌を打っていた。

というわけでーーーーー。


ゆめにっき!? 


私ちゃんのネット人生の巻~~~~。
ドンドンパフパフパパフドドン。




ネットに初めて触ったのは2001年。
愛読していた雑誌「りぼん」のミニゲームに夢中になっていたのが始まり。
りぼんワクワクステーションな、覚えてる人は覚えているだろう。
その中のめだかの学校の川くだりのゲームに夢中になりすぎていた。
そこからフラッシュを見始めて、2ch文化に触れ始めた。
りぼんのミニゲームをやめたら、ダンシングおにぎりをやってたなぁ。
フラッシュを見ていた時期は長かったなぁ。


2004年くらいからかなぁ。
ザ・掲示板をROMし始めて、そこから2chもROMし始めて。
こわいなぁと思ってたよ。
子供心に「ここは書き込むと怖い場所だ」とわかってた。
そこは私賢かったと思うね。


初めてネットで自分から絡んだり情報を発信し始めたのは2005年。
今は亡き「わいわいチャット別館」の「別館チャット掲示板」。
ここが全ての始まりだったね。私のwebの出身地だわさ。
そこはまぁ優しい世界だったよ。完全に内輪で盛り上がってる感じ。
でも私が書き込んでたのは掲示板だけで、チャットの方は全然。
まだタイピングが遅かったから話にまったくついて行けなかったのさ。

掲示板のメンバー、今でも覚えてるよー。
みんなのアイドル的存在の人、それを祭り上げる人。
お母さんっぽい立場の人、すかした感じで見ている人。
書いてもわかんないと思うけど名前は伏せる。

ネットでの創作活動もこの頃が始まり。
当時ポルノグラフィティに相当お熱だったからさ。
夢小説とかアップしてるサイト読み漁ってたね。
素質が無かったのかその頃からBL系の小説はよくわかんなかった。
でも夢小説のサイトで私が夢小説を書いていたかと言われるとそうじゃなく。
何故かそのサイトの中で最もニッチな「オリジナル小説」カテゴリで書いてた。
もうデータも残ってないなぁ。
一文ずつのリレー小説なんかも結構参加してた。
アレどう転がるかわからなくて楽しいんだよね。


2006年には今は亡き「超短編小説会」ってサイトで挙編小説を沢山書いてた。
週一は書いてたね。今思うとすごい。
そしてこの頃、ブログに手を出す。
続かなかったね。
今は亡き「さるさる日記」で作った日記が一番続いたかも。
もなちゃとでチャットもし始めてたなぁ。


2007年からはニコニコばっかりになっていったねー。
動画作る技術なんて持ってなかったから、ここでも見るだけだったけど。
2chのROMと平行する形でここから三年はROM専に興じた。
ROMだけで満足できたのは、携帯でグリーとモバゲーをやってたからかなぁ。
「ホシツク」最高レベルまで上げてアップデート待ってたらサービス終わった。
あと「デップくん」シリーズすごい頑張ってた。


そして2010年、改めてFC2でブログを始め、同時にTwitterを始める。
両アカウント2013年3月にリアルで起こった事件で気が動転して一度消したけど。
結果7年間はこのスタイルで落ち着いているぁ。
FC2のSNSサービスにも手を出したりしたけど、結局ハマらなかったな。



ここから見える私の性格は、多くの人が出入りする場所は苦手ってこと。
あと少人数でひっそりとやっていくのが性に合っているんだろうね。
でもそういう体質のサービスは大体廃れて無くなってしまった。
それが「今は亡き」の多さに繋がってるねw
今は多くの人が出入りするSNSでも自分のやり方で楽しめることがわかってるからね。
それが安心してTwitterやブログを利用している理由だねぇ。

それとリアルとネットの混同は絶対しなかった。
リア友と絡むためのブログとかは作らなかったね。
友達はそういうので盛り上がってたけど、ネットでの生活は切り離してた。
それは今も同じで、ネットと育ってきたからこそネットの怖さ知ってると思う。
結構ここでは色々書いてるけどねーw でも核心は書いてないつもりだよ。

2chROM歴13年。半年どころの騒ぎじゃねえ。
でも未だに怖くて書き込めねぇよ2ch
性格的に合ってないんだろうね。心脆いしw



私は心が脆いせいか、だいぶ温室育ちのネット人生な気がする。
自分に合う場所を見つけて上手に立ち回ってるなぁと文章に起こすと思うよw
うん、ネットで絡む人は結構よく見て選んでるところは昔からあったなぁ。
それでも失敗は何度かしたけど。
多分これからも保守的にやってくと思うよぉ。


あけみキッズのみんなも、保守的によろしくな☆



(Q.あけみキッズって実在するんですか?)

(A.そこは闇だ、立ち入ると怪我するぞ。)