読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優しさ12mg

筆達者の口下手がお送りする若干のキモさを孕んだ日常の記録

誰も幸せにならない記事

人生
私は調子が悪いとき「ちゃんとしたの頭が欲しい」とよく言ったり書いたりする。
真面目に考え事をしていても、連想ゲームのように関係ない方向に思考が飛んで、
めちゃくちゃに散らかって最終的に何を考えていたのか忘れてしまったりする。
だから何かに関して深く考えることができない。

何かに関して考えを深めて、自分の意見を持てるようになりたい。
でも現状集中して何かを考えることもできない。
何をしても中途半端。
結果どこかから引っ張ってきた一般論しか論じることができない。



おまけに私は欲に弱い。
何かが欲しい、何かをしたい。
そう思ったときにやめるべき時の方が多い。
しかし私はやめるべき理由を忘れて、つい買ったりやったりして後悔する。
ひとつのことを見つけるとソレしか見えなくなってしまい、考えることを忘れる。
愚かだし、馬鹿だと思う。




そうして何か大きな失敗に出くわすと、私は「ちゃんとした頭が欲しい」と喚く。
確かに統合失調症で頭がまともじゃない可能性は高いし、
統合失調症患者はお金のやりくりや考えるのが下手とも言われている。
ただ、病気のせいにしたくない自分もいる。

だって病気のせいにしていたら、それはちゃんとしている人からみれば
「甘え」に受け取れるじゃないか。私自身も自分に甘えんなクソがって思う。

自分の欠点と病気の折り合いのつけ方がわからない。




そうして最近の悩みをノートに書こうとした結果がコレ。

ぐちゃぐちゃ 



最初は真面目に書いていた。
途中から考えが飛び始めて気がついたらこうなっていた。
こういうの書いてると徐々に思考が麻痺して脳内麻薬出てる感じがしてくる。
わけわからない線を引いているときとか最高に気持ちいい。

でも書き終えてしばらくしてみると泣きたいほど後悔する。

こういうの赤裸々に披露しないほうがいいんだろうか。
それすらわからない。
自分が素直なのか馬鹿なのかと言われると馬鹿なんだろう。





どうも、これが私です。