読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優しさ12mg

筆達者の口下手がお送りする若干のキモさを孕んだ日常の記録

この人とダメだったら多分私がダメなんだと思う。

どうも、スケベな下心を見抜かれてる私です。



さて、一昨日Xさんと晴れてお付き合いをすることになったわけだが。



はいはーい! ここからのろけくるよ~! 逃げて~~~~~~!!!


きっかけは私が半年前ある男性に一週間で友達の方がいいと言われて振られたことの相談だったのさ。
「もう私は女じゃないんです」
「全人類の友達として生きていくんです」
ウザいテンションになっていたわけだ。
と、そこで結構な勇気を振り絞ったワタクシ。
「だってXさん私と付き合いたいと思います???」
ウザさ振り切れただの面倒くさいヤツになってXさんに精神攻撃を仕掛け始める。
そこでXさん。非常に困って、困り抜いた末に。
「じゃああけみさんは自分と付き合いたいと思うんですか?」
と質問を返す。
うん、Xさん、あなたは頑張った。
Xさんを困らせておいてはぐらかすのも悪いからわたしゃ正直になったよ?
「付き合いたいと言われれば余裕で付き合いたいですよ!!!!!!」
「えええええーーーーーーー」
当然の反応だよXさん!
しかしここで大きなどんでん返しが起こる。
「付き合いたいかと言われると俺も付き合いたいですが……じゃあお付き合いしますか」
「えっ」
まさかのーーーーー!!!!
「アッハイ、よろしくお願いします」
さっきまでの勢いを失ったワタクシ。



彼氏が!


できた!





ちょっとXさんサイドの親から私の印象が良くないんじゃないかという不安があったものの、今日電話したら解消されたぽよ。
普通に「いいんじゃなーい?」と言ってくれたそうだ。



ちょっとな、前回付き合った男に一週間で何もわからぬまま捨てられた経緯があるからな、今回は走りすぎないようにいこうと思うんだ。
Xさんも長~いスパンで見て私と付き合って、合わないところも許容できる関係性になりたいとXさんらしい真面目さで語ってくれたしな。


ボクはね!!!!!!



こんなに真面目に私に向き合ってくれた男を知らない!!!!!!


正直その話聞いてな……。




ちょっと泣いた。






これから良い関係性を築いていくよ……。
わたしゃXさんを大事にしないといかん。
Xさんから良い養分をぎゅうぎゅう吸い取っていこうと思う!


アレなんか違う?



とにかく!




肩並べて歩けるように就活頑張るぞ!




タイトルの通り、ここまで真摯に向き合おうとしてくれている人とあっけなくダメになってしまったら、それこそ私の落ち度を前回以上に感じないといけないんだと思う。
そう思うよ……Xさんは仲良くなる前から尊敬していた人でもあるし。



焦らず、慎重に、理性的に、健全に!
健やかにお付き合いをしていきたいと思ったのでした。