読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優しさ12mg

筆達者の口下手がお送りする若干のキモさを孕んだ日常の記録

自殺旅行

海を見てきた私です。

今日の記事はバカさましましまっしです。

今からしょうもないバカなこと書きます。

いつもバカだって???

知ってる~~~~。

己の身の汚れが許せなかった。

私ぶっちゃけると性依存なんさ。

いっつもいっつもワイヒーなことする度罪悪感とか死にたさに包まれるん。

自分がこの先まともに生きている未来が見えないん。

で、耐え切れずに海に飛び込もうと思ってね。

海を目指して、車を走らせた。

3時間で港町に着いて、そこからネカフェで仮眠とシャワーと遺書作成。

また出発して海沿いの道を走ると、真っ黒な波を立てる海が見えた。

ぞっとしたね。怖かった。

そこから迷いが生まれ始めてね。

朝方になると、見たことある景色が目に飛び込んだ。

専門学校に通っていた頃、友達と遊びに来た浜辺。

何も知らず車を走らせてて、偶然そこに辿り着いた。

友人の顔が脳裏に浮かんだ。

そこからはどう道を走ったかもわからないくらい泣きながら運転した。

死にたくないなぁと思った。

また友達に会いたいなぁ。

会いたい人がいる内は死んじゃだめなんだなぁって。

で、慣れた道が出てきたところで、海浜公園に車を停めて煙草を吸った。

帰ったら友達に連絡してみよう。

で、そのまま作業所行って帰るじゃん?

友達に電話かけるじゃん?

「この番号は現在使われておりません」

プギャーーーーーーーーーwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

これは逆にとれば、私が変わるチャンスなのかもしれん。

過去と決別しなはれっていう。

今関わってくれる人に最大の愛を~。

そして今このブログを読んでくれてる私のトモダチ。

バカでごめんな~~~。