読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優しさ12mg

筆達者の口下手がお送りする若干のキモさを孕んだ日常の記録

人は変わり移ろうもの

小学校からの幼馴染のお母さんが家に来て、母と話してた。

その後母からその幼馴染のお母さんに聞いた話を聞かされた。

何やら、その幼馴染が転職したとか、小学校の同窓生で集まる話があるとか。

どれもこれも聞いたこと無いお話だったよん!

特にみんなで集まる話には驚愕してちょっとショックだった。

私ハブられてたのかーって。

小学校は一学年十数人の小さな学校だったから、同窓生はみんな仲良いんだわ。

昼ごろどうしても気になってその中の一人に話を切り出してみた。

「あれ? あけみって同窓生のLINEグル入ってなかったっけ?」

って返ってきて、あ、存在忘れられてる……とまたショックを受け。

だって総勢13人だぜ? 一人落ちがあったら絶対気付くやろ?

と疑問符を浮かべてたけど、「ガラケーに変えるときにアカウント変わったからかなー」と私もすっとぼけてみた。

するとまぁ同窓生のグルに無事招待された。

一回招待してキャンセルした痕跡が見えてしまったけど話を切り出したのは自分だからね。

甘んじてグループに参加しましたとさ。

でも正直不安だな。

ハブられてる不安から声かけちゃったけど、成人式のときにみんなが見事なリア充ウェイになってるの知っちゃってるからな。

今もグループチャットの私の一言三人に既読スルーされてるしな。

うん。

惨めになるからやめます。

上手くいかなかったらその時考えれば良い。

とりあえず今は同窓生に声をかけられた勇気を自画自賛してよう!

昔の仲間と久しぶりに話して自分の中でどんな化学変化が起こるかも検証できるぞ!

なんか妙にドキドキするー。

良いドキドキではないことは確か。

あーこれが恋か。

あ、違う?

知ってた。