優しさ12mg

筆達者の口下手がお送りする若干のキモさを孕んだ日常の記録

障害者だって人生楽しめると信じてる

父親とドラフト見たよー。

地上波のドキュメントのヤツではなく、会場生中継のCSで。

なんかドラフトの段階で熱かったな。

ヤクルトが誰を獲得できるかドキドキしながら見た。

真中監督の勘違いにはぬか喜びさせられたわw

このドラフトで指名された半分も育てば良い方だって父親が語ってて、プロの厳しさを少しばかり感じたよね。

うら若き選手達の活躍を見守り隊。

午前作業所の外仕事して帰って、午後から知り合いの家に行った。

そこでうっかりコーヒー飲んじゃって目が冴えてるから久々に眠剤飲んじゃったよー。

明日が眠くならないか不安。

知り合いは同じ病気の人なんだけど、結構年上で、病気の事実を受け入れられなくて苦労しているらしい。

ただそれで早く折り合いをつけた私を「軽いんですね」の一言で済ませてしまうのはうーんって感じだった。

んまぁそれぞれの価値観があるから、今苦しんでる人には今の私は軽く見えるんだろうね。

私も病気の自分を受け入れてこうして前向きになるまで散々濃密な時間を過ごさせてもらったよん。

散々自分と向き合ったし、病気との付き合い方を分析してみたり、好不調の波を掴めないか試行錯誤もした。

診断を受けてから五年、発病から八年、その結果自分の身の丈を理解して、作業所に通って、順調に回復している今だからさ。

あんま話しても不幸自慢とか言われちゃうからやめちゃお☆

その人と不幸自慢で張り合う気も起きなかったし、その人にはその人の辛さもあるだろうからお茶を濁したとさ。

辛い思いを何年もしている自分が可哀相な気持ちもわかるけど、勝手に薬をやめたり治療に積極的にならない人が良くならないのは当たり前じゃないですか。

それで「私重いんです、だから中々良くならないんです」じゃなんか違うんじゃないの。

結局さ、今出来ることを理解してやるしかないんだよ。

診断から何年も経ってるなら尚更。

折り合いをつけられない自分を正当化してて恥ずかしくないのかな、とちょっと酷いことも思ったりした。

以上軽いと言われて自分の苦しみを否定されたような卑屈な感性が織り成す愚痴愚痴ンヌでした。

ごめんなさいね、性格悪いのよ。

同じ病気の人と話すのは良い刺激だね。

では最後に明るい話題ーパチパチ

土日だかいつだか、作業所の仲間と息抜きに行けるかも知れん。

気の合う人だけど二人して引っ込み思案だから中々ここまで仲を構築するのに時間かかったんだぜ?

うひょー楽しみだ!

ま、全ては明日の工賃次第なんだけどねーwwww

工賃は生活態度で上下するから毎月結構変動するんだよねー。

どうなるかわからん。

良い感じで頼む!!!

なんか今日長文なんじゃない?

ほぼ愚痴じゃねーかwwwwww

性格悪いwwwww

広告を非表示にする